神戸~明石のファミリーフィッシング奮闘記 | 関西の釣りをもっと手軽に楽しむ!!

関西/神戸/明石の釣り情報。基本はお財布に優しいファミリーフィシング。初心者に優しい釣りネタを公開しています。家族で楽しむファミリーフィシングに活用して下さい。

【YAMASHITA エギ】エギーノもぐもぐサーチの斬新さはもはやエギングではなくエサ釣りっ‼️

f:id:yggxq957:20200603165055j:plain

出典:YAMASHITA もぐもぐサーチ

YAMASHITAのエギーノシリーズから最新のエギが出ましたね。

その名も『エギーノもぐもぐサーチ』と言うエギ。

キャッチコピーは

エサだから釣れちゃう!

もうね、こんな発想もあったのかと言う驚きが大きい。

生粋のエギンガーからしたら邪道と思う方も多いのではないでしょうか。

雰囲気からしてタチウオ狙いで言えばテンヤとなるのではないでしょうかね。

イカ狙いのテンヤ版だね。

キャッチコピーでもエギと言わずに『エサ』って言っちゃってるし。

しかし、この究極バージョンを使って釣れなかったらショックは大きい。

 

【エギーノもぐもぐサーチって?】

f:id:yggxq957:20200603165330j:plain

休日に良く足を運ぶ堤防。そこには竿を軽快に動かし、イカを釣り上げる釣り人達の姿。
でも、自分にはあんなに軽快な動作は出来ないし、かといって難しい仕掛けを用意するのも面倒・・・イカ釣りを難しいと感じているあなたのために生まれたのが「エギーノもぐもぐサーチ」です。お手持ちの「ちょい投げ竿」(釣具屋さんで売られている釣り竿とリールのセット等)があれば、すぐにイカ釣りがはじめられます。

【イカが簡単に釣れちゃう"もぐもぐ"の秘密】
”エギ+エサ”の融合により、釣りの技術が無くてもエギの動きや音でイカを寄せ、「エサの力」でイカを喰いつかせます。エサを付けることで、喰いついたらイカが離さないため、次の誘いでイカが引っ掛かるのです!

出典:YAMASHITA もぐもぐサーチ

と言う事なんですが、餌を付けるならエギは要らなくない⁉

と言うのが私の率直な感想であります。

エサでイカを釣るやり方は2種類ありますね。

ヤエン釣りと浮き釣りです。

f:id:yggxq957:20200603170548j:plain

出典:Honda釣り倶楽部 アオリイカの仕掛

仕掛としてはこんな感じなんですが『エギーノもぐもぐサーチ』はヤエン釣りと浮き釣りの融合になるんではないでしょうか。

しかし、ここはやはりYAMASHITAさん。

しっかりと技術を織り込んでおります。

【YAMASHITA技術 ラーチサトル】

今回もラーチサトルと言う技術が入っております。

f:id:yggxq957:20200603192600p:plain

《より効果的な音を求めた”サーチラトル”》

f:id:yggxq957:20200603192626p:plain

f:id:yggxq957:20200603192655p:plain

アオリイカの可聴領域(聴き取れる音の周波数帯)のなかで、最も聴き取りやすい周波数(単位:Hz(ヘルツ))は600Hzである事が先行研究でわかっている。
この知見をもとにYAMASHITAではボディとラトルの材質を見直し、600Hzを中心とした周波数帯の音が出やすい材料を導き出しました。それが「サーチラトル」です。
エギとしての基本性能にプラスされた効果的なラトル音が、好奇心の高い高活性イカを寄せる強力な武器になります。 
アオリイカの可聴領域(聴き取れる音の周波数帯)のなかで、最も聴き取りやすい周波数(単位:Hz(ヘルツ))は600Hzである事が先行研究でわかっている。
この知見をもとにYAMASHITAではボディとラトルの材質を見直し、600Hzを中心とした周波数帯の音が出やすい材料を導き出しました。それが「サーチラトル」です。
エギとしての基本性能にプラスされた効果的なラトル音が、好奇心の高い高活性イカを寄せる強力な武器になります。

出典:YAMASHITA エギ王 LIVE サーチ

YAMASHITAエギ信者の私としてはこの技術は非常に気に入っている物なんですがもぐもぐサーチの使い方でどこまで効果があるのか。

毎回シャクるからこの効果が生きてくるのだと思うんですよね。 

【エサを取り付けてみよう】

f:id:yggxq957:20200603171007j:plain

もぐもぐサーチの背中にエサ(キビナゴが最適!)を乗せ、下の図のように”エサっとバンド”を突起にひっかけてエサを固定します。

出典:YAMASHITA もぐもぐサーチ

 ここで私が思ったのが、このバンドでエサを止める方法が凄く考えられているなと感心しました。

エサをとエギを巻かなくていいんですよね。

只フックに引っ掛けるだけで挟む感覚で簡単に出来てしまう。

難点としてはバンドは切れたらエギが使えなくなる所でしょうか。

どの位の耐久性があるんでしょうかね。

しっかりと使った後のメンテナンスをしないと劣化してしまいそうに思います。

【釣り方はとってもシンプル!】

f:id:yggxq957:20200603171235j:plain

もぐもぐを海へ向かって投げ、海底まで沈めます。
糸のたるみを巻き取り、5秒~10秒待ったら、また一回振り上げます。これを足元まで繰り返します。
イカが掛かると「ズンッ」と重く感じるので、焦らず一定の速度でリールを巻いてイカを寄せましょう 。

出典:YAMASHITA もぐもぐサーチ


2020年イカ釣り新商品 エサだから釣れちゃう!エギーノもぐもぐサーチ

動画をみている限りでは本当に餌釣りですね。

投げて置いてて一回シャクってまた置いてて。

それだけて座ってて釣れてしまう。

楽でいいですよねぇ~。

基本的にはボトム狙いとなるみたいですが根が荒い所はちょっとキツイか?

 

【仕様とラインナップ】

f:id:yggxq957:20200603194617j:plain

f:id:yggxq957:20200603172203j:plain

サイズは3.2号しかありません。

ボトム狙いですから別段気にする事はないのかなと思うんですがケンサキイカなど小さく軽量のイカのアタリは取り易いのかはちょっと疑問なんですが、エギーノもぐもぐサーチは勝手に乗っかって餌を食べれいる所を狙うみたいなんでOKねんでしょうね。
 《ラインナップ》

001 490グロー

f:id:yggxq957:20200603195520p:plain

イカが見やすい発光色である490グローの長所を最大限に生かす無塗装仕様。
薄暗い水中でもしっかりと発光してイカを誘う。 

002 グローマンゴー

f:id:yggxq957:20200603195639p:plain

490グローボディとオレンジの背色を組み合わせたアピール重視のカラー。
濁り潮や光量が少ない時間帯でもしっかりとエギの存在をアピール。 

003 ケイムラピンク

f:id:yggxq957:20200603195757p:plain

ケイムラボディとピンクの背色を組み合わせたカラー。
マヅメや澄潮時に使っていただきたいカラー。

 004 ケイムラブルー

f:id:yggxq957:20200603195936p:plain

ケイムラボディとブルーの配色が日中や澄潮時に効果的。
周囲に溶け込み、イカの警戒心を解く。

 005 ケイムラキビナゴ

f:id:yggxq957:20200603200042p:plain

エサにも使用しているキビナゴを再現したカラー。
ローライト時に効果を発揮。
006 ケイムラレッド

f:id:yggxq957:20200603200139p:plain

シルエットがしっかりと出るので、夜間や濁り潮、ローライトに効果を発揮。

【まとめ】

エギーノシリーズの第一弾は『エギーノぴょんぴょんサーチ』でした。

【↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓】

www.kobeakashi.net

このシリーズは遊び心を入れながら本気でイカを狙うシリーズなんですがエギの常識を覆すような商品になってるんです。

今回の第二弾であるエギーノもぐもぐサーチは、エギもいよいよこの域まで来たかと言う感想ですが、イカに限らずメバルアジ青物など餌釣りルアーやワームなどの大まかな2種類に分かれるんですよね。

ルアーやワームを選ぶ方は何故に餌を選ばないか。

私は餌の調達を気にせず手軽にいつでも始められるからなんです。

そして餌を使い切るプレッシャーがなく好きな時にゲームを終了出来ると言うメリットの元にやっておりますが、そんな理由の方は多いのではないでしょうか。

そして餌釣りのデメリットとして仕掛け作りが面倒臭いと言うのもありますよね。

ここで思うんですが、このエギーノもぐもぐサーチと言うのは餌釣りを選びつつ仕掛けが簡単。

エギを結んで餌を付けるだけと言う何だか両方の良い所取りをしている様に思いますね。

私としましては、ファミリーフィッシングの片手間に投げて置いてもいいのではないかと思っております。

ファミリーフィッシング中にシャクるエギングは暇が無くてやってられないんですよね。

なのでそんな時は使ってみようかと思ってます。

ファミリーフィッシングで頑張っておられるお父様方は是非使ってみては如何でしょうか。

 

 

 

 

こんな記事も読まれてます 

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net