神戸~明石のファミリーフィッシング奮闘記

神戸明石の釣り情報。基本はお財布に優しいファミリーフィシング。初心者に優しい釣りネタを公開しています。家族で楽しむファミリーフィシングに活用して下さい。

【リール】ライトゲームに使い勝手がとても良い‼ ダイワ レガリス LT2000S

f:id:yggxq957:20190904193733j:plain

2018年9月に発売されて以来ずっと気になってたレガリスLT。

アジング用に今回購入してみました。

今現在私が使ってるリールは『エクセラー』と『レブロス』なんですが、嫁様は『クレスト』で息子は『ジョイナス』と完全なダイワ派です。

これには理由があるんです。

・他メーカーの同クラスで見比べると重量が軽い

ライトゲームが多い私として軽さは重視したいポイントです。

・搭載されている機能に対する価格が非常にリーズナブル

これは切り放せない条件です。

この2つがパワーアップしたようなリールがレガリスLT。

レガリスのスペック詳細は過去記事でご紹介しておりますので今回は外観重視となります。

《レガリスについての過去記事はこちら↓》 

www.kobeakashi.net

外観ではやはり一番に目を引くのはスプールですね。

かなりの進化をしておりますのでスプール中心にまとめてみました。

ダイワ(DAIWA) リール レガリス LT2000S

ダイワ(DAIWA) リール レガリス LT2000S

 
 

f:id:yggxq957:20190905193643j:plain

レガリスは真っ赤な箱に入っております。

f:id:yggxq957:20190905193814j:plain

箱を開けるとこの様に入っております。

この蓋を開ける時が一番ワクワクしますよね。

f:id:yggxq957:20190905194116j:plain

始めは左利き用にハンドルがセッティングされておりますので右利きの方は付け直して下さい。

このレガリスですが、金と黒のデザインがとてもキレイです。

レブロスもオレンジゴールドでキレイでしたがレガリスのゴールドもかなりキレイです。

そして、一番感動したのがドラグノブ。

f:id:yggxq957:20190905194731j:plain

ダイワマークが入ってるんですねぇ。

f:id:yggxq957:20190909193423j:plain

そしてエアローター塔載。

次はスプールを取って内部を見てみましょう。

f:id:yggxq957:20190905195057j:plain

スプール受けはこんな形状。

私は初めて見るタイプです。

似ているものでクレストが近い。

何だか安っぽいですが隠れて見えない所ですからね。

さて、注目のスプールに移りたいと思います。

f:id:yggxq957:20190906213134j:plain

スプールですがこの様な感じですが何か違和感を覚えませんか?

ラインを巻く所に溝が無いでしょ⁉

しかしご安心を。

f:id:yggxq957:20190909185835j:plain

シールを剥がすと下から出て来ます。

と言うより剥がして下さい。

f:id:yggxq957:20190909190117j:plain

この様に毎度の溝入スプールとなります。

ここでもかなり気になる所が・・・。

 

f:id:yggxq957:20190909190301j:plain

どうもプラスチックっぽい。

軽量化なんでここにもシワ寄せがきてるのかなと。

f:id:yggxq957:20190909192605j:plain

スプールは『LC-ABSスプール』と言う事で飛距離とトラブルレスを実現する新形状スプールデザインとなっています。

新形状で見てみると先ずはスプール上部でしょうか。

滑らかな曲線になってますのでライン引っ掛かりが少なく飛距離も伸びそうですね。

ライドゲームに於いては非常に重要なポイントとなります。

f:id:yggxq957:20190909194500j:plain

そしてこの部分かな。

エッジは角度が付いており少し長めに作ってますね。

トラブルレスと言う事ですから、ここはラインの巻き込みを軽減させる為でしょうか。

f:id:yggxq957:20190906214750j:plain

レガリスの最大の特徴の一つとも言えるラインストッパー。

パーフェクトラインストッパー』と言いますがこれがかなり使い勝手がいいんですね。

一般的な物と比べてかなり大きく作られております。 

ここの検証にラインを巻いてみました。

f:id:yggxq957:20190909190820j:plain

巻いたのはエステルラインの0.2号。

かなり細いです。

200m巻いたのですが下巻のラインが薄っすらと見えてます。

f:id:yggxq957:20190909191225j:plain

0.2号と言う細さのラインが上の角にしっかりと止める事が出来ます。

これは革命的ではないでしょうか。

今までのは三角形の下に通しますが極細ラインは先ず止められません。

これは有り難いですよね。

しかも上は止め易い。

f:id:yggxq957:20190909191825j:plain

リーダーは0.8号ですが通常の下から止めます。

と言うのは上は上手く止められません。

隙間の幅の関係なんでしょうかね。

反対に下側からラインを入れると今までみたいにゆるゆるで止められないんです。

上はライン用で下はリーダー用の使い分けですね。

f:id:yggxq957:20190910053517j:plain

ラインを巻いた重さは193gですね。

2000番ではやはり軽いですよ。

f:id:yggxq957:20190909194805j:plain

見た目もキレイですね。

ダイワ(DAIWA) リール レガリス LT2000S

ダイワ(DAIWA) リール レガリス LT2000S

 

 

まとめ

このレガリスLTは何と言っても軽い。

ライトゲーム用の購入ですので使うロッドも当然に軽いのでリールも軽くないとバランスが悪くなりますし扱い辛くなります。

今まではレブロス2000を使ってたのですが、これはこれで良い感じだと思ってましたがレガリスLT2000は更に良い感じ。

比較では『レブロス』かなと思ってたのですが自重はともかくスペック的には『エスセラー』との比較が合っている様に思いますね。

何にしてもライトゲームにはお勧めのリールです。

 

 

 

 

こんな記事も読まれてます  

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net