神戸~明石のファミリーフィッシング奮闘記

神戸明石の釣り情報。基本はお財布に優しいファミリーフィシング。初心者に優しい釣りネタを公開しています。家族で楽しむファミリーフィシングに活用して下さい。

ダイソーロッドでテナガエビ釣りin武庫川

f:id:yggxq957:20190602154926j:plain

いよいよこの季節になって参りました。

テナガエビ釣りです。

我が家の毎年の恒例行事の一つとなっておりますがテナガエビ釣りに行くのはシーズンで一回だけです。

風物詩を楽しむかと言う感じですね。

毎年思うのですがこのテナガエビ釣りと言うのは子供の頃にしたザリガニ釣りに何となく似ていて懐かしい感じがします。

そのせいか息子が非常に楽しみのしている釣りでもあります。

子供の感覚っていつの時代も同じなんですね。

 

7時着

f:id:yggxq957:20190602155143j:plain

川の状況は水位が少し高い感じ。

通常だともう一段足場が水面から出ているのですがね。

恐らく数日前の雨の影響でしょう。

今回の仕掛けは手作り仕掛けとなります。

改めて手作り仕掛けのパーツを揃えると高くつくので手持ちの物で作ります。

使える物はどんどん使い回しましょう。

アイテムはこちら。

f:id:yggxq957:20190602155330j:plain

・0.8号のフロロライン (ライトゲーム用)

・エビ針 2号

・玉ウキ (浮き釣り用)

・ガン玉 (浮き釣り用)

・ハリス止め (サヨリ釣り用)

・ゴム管 (浮き釣り用)

これで作ります。

テナガエビ釣りに月下美人のフロロラインです。

何と贅沢な釣りなのでしょうか。

と言うか0.8号ラインがこれしか無かった。

格安無名ナイロンラインで十分なんですよ。

別段0.8号に拘る必要もありませんが細い方が巻きクセが付きにくいので扱いやすいと思います。

f:id:yggxq957:20190602160104j:plain

こんな感じ。

至って簡単な仕掛けになります。

仕掛けのポイントとしては玉ウキの頭が水面ギリギリで出る位の重さのガン玉を咬ませるとアタリが取り易いです。

初めての場合はお手軽に市販品がありますのでそちらがお勧め。

ハヤブサ(Hayabusa) 瞬間手長エビ 玉ウキ仕掛1.6m 2-0.4-0.8 CA138

ハヤブサ(Hayabusa) 瞬間手長エビ 玉ウキ仕掛1.6m 2-0.4-0.8 CA138

 

ロッドは当然にダイソーロッドです。

f:id:yggxq957:20190602160421j:plain

何てったって100円ですからね。

テナガエビ釣りには全く問題なく使えます。

竹で出来てますので非常に風情がありますよ。

(* ̄∇ ̄*)

f:id:yggxq957:20190602160659j:plain

餌は通常は赤虫を使うのですが品切れだったのでイシゴカイで代用します。

f:id:yggxq957:20190602160835j:plain

足下のブロックの隙間に落とし込みアタリを待つ。

暫くするとウキが水中に移動して行く。

f:id:yggxq957:20190602161038j:plain

ここで上げてしまうとバラシてしまいますのでウキの動きが止まるのを待つ。

ゆっくりと上げる。

f:id:yggxq957:20190602161141j:plain

テナガエビかと思ったらハゼの稚魚でしょうか。

地元では『どんこ』と呼ばれているそうです。

続いて嫁様にもウキにアタリが。

f:id:yggxq957:20190602161524j:plain

やはりどんこです。

何だかスタートが悪い。

周りを見渡してみてもテナガエビの釣果が余りない様子。

f:id:yggxq957:20190602161825j:plain

暫くしてやっと本命のテナガエビ

何だか今日は渋い感じ。

余りの釣れなさに息子は現場放棄。

網で虫取りを始めました。(; ̄ー ̄A

こちらは放棄する訳にはいかない。

f:id:yggxq957:20190602162124j:plain

しかし掛かるのはどんこ

本当に良く掛かりますよ。

f:id:yggxq957:20190602162430j:plain

暫く間を置いてテナガエビ2匹目。

ここから全く掛かってこない。

どんこばかりです。

f:id:yggxq957:20190602162651j:plain

やっと3匹目。

開始1時間半でやっと3匹。

非常に疲れる。

f:id:yggxq957:20190602163007j:plain

更に1時間経過で4匹目。

その後パッタリ。

 

ここで隣でやっていた子供連れのお父さんが『釣れてますか?』と話し掛けてこられて『豆助さんですか?』と名前をいきなり呼ばれてしまい少し挙動った感じでお返事したんですが何とそのお父さんはFam Fishing(ファムフィッシング)ヒモユキさんでした。

タイムリーに私がTwitterでテナガエビ釣りをツイートしたらお隣でご覧になったみたいです。

こんな偶然もあるんですね。

数名の釣り人がいる中で恐らくダイソーロッドが決め手となったんではないでしょうかね。

ダイソーロッドでテナガエビ釣りをやってるのは私位ですから。( ̄▽ ̄;)

暫くダベッてたんですがやはり今日は全くダメとの事。

釣果は4匹だそうです。

その後は潮も止まってしまいヒモユキさんはお帰りに。(  ̄▽ ̄)オツカレサマデシタ

f:id:yggxq957:20190602165823j:plain

こちらもやはり最後はどんこで12時前に納竿としました。

ブクで生かしながらお持ち帰り。

この水は自宅から入れて来ます。

これは釣っている間に泥を吐かせておく為ですね。

f:id:yggxq957:20190602170402j:plain

サクッと素揚げにしました。

と言うより4匹じゃこれが精一杯です。

f:id:yggxq957:20190602184818j:plain

まとめ 

今回は何とか4匹釣ったと言った所です。

先週は爆釣してたみたいですが今回は渋かったですねぇ。

過去の経験上からすると水位が高いと比較的に激渋の様な感じがします。

実は先週に武庫川で爆釣してたのは今回お会いしたヒモユキさんなんです。

先週の爆釣日の水位をお聞きするとはやはり低かったらしいです。

ちなみにヒモユキさんは私がブログ開設当初から未だにブログに関してメールで何かとご相談に乗って頂いており私のブログの師匠と崇めている方なんですが顔合わせは初めてなんですよ。

常々その内に何処かでお会いしましょうとは言ってたんですがまさか武庫川でお会いするとは予想外でした。(私的には温泉裏アジュール舞子と予想していた)

このような出会いがあるのもブログの良さなのでしょう。

 

 

本日のタックル

●ロッド

ダイソーロッド 

●仕掛け

自作玉ウキ仕掛け 

  釣果

テナガエビ×4匹

ハゼ稚魚×多数

 日時

2019年6月02日(日)

7時~12時

天気

曇り

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

こんな記事も読まれてます  

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net