神戸~明石のファミリーフィッシング奮闘記

神戸明石の釣り情報。基本はお財布に優しいファミリーフィシング。初心者に優しい釣りネタを公開しています。家族で楽しむファミリーフィシングに活用して下さい。

【手作り釣り餌】キビナゴの塩漬け

スポンサードリンク

f:id:yggxq957:20161230193827j:plain
皆さんキビナゴってイカナゴとはまたく別物って知ってました?
お恥ずかしいながら私はつい最近まで同じだと思っておりました。

スーパーの鮮魚売り場で見掛けた時にパッケージの産地記入がやたらと『長崎県』て言うのが多いので違和感は感じておりました。
なぜなら神戸明石では「イカナゴのくぎ煮」と言う佃煮があります。シーズンになると瀬戸内海産の新子(イカナゴの稚魚)が大漁に店頭に出回るわけです。
違和感と言うのはここです。
瀬戸内海には沢山のイカナゴがいるのにキビナゴは何故に長崎産?

私の想像
新子→キビナゴ→イカナゴ
・・・出世魚かよっ‼
正解
新子→イカナゴ でした。
キビナゴは別物です。
そのキビナゴの塩漬けの作り方


 


 

用意する物

【キビナゴ】

1パック
出来るだけ大きいサイズが入った物を選びましょう。

【塩】

結構な量を使います。

2袋用意して下さい(1袋=1㎏)

【味の素】

隠し味になりますので掛けた方がいいでしょう。

【新聞紙】

塩漬けの間は新聞紙に包んでおきます

【ジップロック】

これは必須です。

生臭い臭いをシャットアウトしてくれます。

作り方


①キビナゴを選別

パックの中のキビナゴは大きさは不規則に入っていますので「大」「中小」に分けましょう。
「大」→太刀魚用
「中小」→根魚その他用

②隠し味の味の素
味の素をまんべんなく振り掛けます。

これは味の素の成分のグルタミン酸ナトリウム(旨味成分)が集魚効果があるらしい。

当然に掛けないより掛けた方が良い。

③塩漬けにする

新聞紙を数枚重ねて広げて真ん中位に塩を広げます。

ケチらずに結構な量を広げて下さい。

新聞紙は身から出て来る汁を吸い取ってくれますので多く重ねて下さい。

その上に切り身を並べてその上から見えなくなるまで豪快に塩を振り掛けます。

※塩はケチらないでふんだんに使って下さい

④包んでジップロックへ

新聞紙を四方からたたみこみ開かないように輪ゴムで止めてジップロックに入れます。 冷蔵庫に入れて一日経てば出来上がり。

⑤一日冷蔵庫で寝かせる

次の日に新聞紙が破れないようにジップロックから取り出して切り身をタッパに小分けにして使う日まで冷凍庫で保存てす。

まとめ

キビナゴと言えば狙う魚種はタチウオだと思います。
使うサイズはやはり大きい物が良い。
出来るだけ大きいサイズが入ったパックを選ぶ事が無駄が出ない方法です。
季節によりパック詰めされているサイズも様々ですのでスーパーでは常にチェックしておきましょう。


 


こんな記事も読まれてます   

www.kobeakashi.net
www.kobeakashi.net
www.kobeakashi.net
www.kobeakashi.net
www.kobeakashi.net
www.kobeakashi.net