神戸~明石のファミリーフィッシング奮闘記

神戸明石の釣り情報。基本はお財布に優しいファミリーフィシング。初心者に優しい釣りネタを公開しています。家族で楽しむファミリーフィシングに活用して下さい。

【アジングロッド】豆アジ~小アジ狙いに最適 ダイワ 月下美人MXアジング510ULS-S

f:id:yggxq957:20190903185559j:plain

出典:ダイワ月下美人MX AJING

アジングに於いて狙うアジは同じと思っていませんでしょうか。

その時期やポイントによりサイズは様々。

豆アジ・小アジ・中アジ・大アジとアジでもこの種類がある訳ですが、当然に使うロッドもそれぞれに違って来ます。

その中でも豆アジ・小アジと言うのは個体が小さいので非常にアタリが繊細で掛け辛い種類となりますが、繊細が故にゲーム性は非常に高くなり、この個体を掛けるにはロッドは5ft前後が必要となります。

長いロッドだとアタリからフッキングまでの時間差が長くなりますので短いロッドでないとアタリが取りにくくなります。

更に短いロッドでもティップが柔らかすぎるとやはり時間差が長くなりますので張りのある5ft前後のロッドが最適なロッドとなります。

そこでお勧めしたいのが『ダイワ 月下美人MXアジング510ULS-S』です。

 

ダイワ 月下美人MXアジング510ULS-S

f:id:yggxq957:20190913194040j:plain

月下美人らしく。雅に。煌びやかに。今宵もアジと対話する夜が始まる。NEW月下美人MX AJINGシリーズは、ブランク、グリップ、ガイドに至るまで、アジングロッドの設計基準を一から見直したことで、上位モデルに肉薄するレベルまで感度と操作性が昇華した。超軽量のHVFナノプラスのブランクの採用したことで、軽さと感度が大幅に向上。ダイワのアジングロッドの特長である「ピン・シャン」の掛け調子が際立つ仕様になっている。中級モデルの粋を超えたポテンシャルと主張するかのごとく、赤い月が手元でさりげなく存在を主張する。

出典:ダイワ月下美人MX AJING

【月下美人MX 特徴】

・超軽量HVFナノプラスブランク採用
・全ガイドに軽量なチタンフレームSiCガイドを搭載
・アイテムごとに最適化した、新基準のグリップレングスにより操作性がさらに向上
・ブランクタッチしやすいダウンロック構造

と言う事ですがもう少し詳しく見てみましょう。

《HVF NANOPLUS[エイチブイエフ ナノプラス]》

f:id:yggxq957:20190913194127j:plain

レジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」は粘りや強度を重視したロッドに最適な素材となっており、東レ(株)ナノアロイ®テクノロジーをダイワ独自の製法で組み合わせることでさらなる高強度化・軽量化を可能とした。

《MEGATOP[メガトップ]》

f:id:yggxq957:20190913194157j:plain

メガトップは、繊維と樹脂が均一に分散するカーボンソリッドであり、どの方向にも同様の曲がりを見せる。更に通常のカーボンソリッドに比べて強度が飛躍的に向上。これにより細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能。カーボン素材特有の手に響く感度はもとより、穂先に表れる視覚的感度も大幅に向上。

《自然と穂先が持ち上がる軽量設計》

f:id:yggxq957:20190913194337j:plain

超軽量で高感度のHVFナノプラスブランクを採用。軽量な一方で、ベリーにしっかりとパワーがあるので、アタリを感じて、アジをしっかりと掛けにいける。長いモデルはフロロとPE、短いモデルはフロロとエステルのラインの使用を考慮した設計。

《オールチタンフレームのSiCガイド》

f:id:yggxq957:20190913194412j:plain

軽量チタンガイドは、糸抜けを考慮してあえてのφ4の中口径仕様。エステルはもちろん、PE使用時もラインの抜けが向上し、飛距離がアップ。さらに、夜間でもラインを通しやすい。ガイド数量を見直し、ブランクのパワー向上と、操作の出力アップを達成。よりダイレクトな操作性を体感できまる。

《操作性を向上させるショートグリップ》

f:id:yggxq957:20190913194442j:plain

各アイテムごとに徹底追及したグリップ長さを採用。防寒着などを着ていても、操作性は良好。

出典:ダイワ月下美人MX AJING

スペック】

f:id:yggxq957:20190912200353j:plain

 5ftクラスとなると全長もかなり短くなりますね。

その分軽くなりますが、やはりリールとのバランスの兼ね合いは重要となって来ます。

ロッドに合ったリールを選ぶようにしましょう。

【概要】  

実際にロッドを見てみましょう。

f:id:yggxq957:20190912195228j:plain

ケースから取り出すとこんな感じの短さ。

約90㎝が2本です。

さすがにコンパクトですね。 

専用ケースも付いておりますので収納にも便利です。

f:id:yggxq957:20190912195343j:plain

ナノカーボンの説明書付きです。

東レの技術なんですよね。

f:id:yggxq957:20190912195506j:plain

月下美人のいい所はやはりデザインではないでしょうかね。

何と言ってもこのロゴが良い。

と言いましてもゲーム中は周りから分かる訳ではないですから自己満足の世界なんですけどね。

f:id:yggxq957:20190912195603j:plain

グリップ部分ですがリールを上からねじ込むタイプとなってます。

下からだとゲーム中に手の平が当りネジが緩んで来ますが上からだとその心配もありません。

とてもゲームに集中する事が出来ます。 

大きさは2000番リールがキッチリと差し込めるサイズとなってます。

f:id:yggxq957:20190912195640j:plain

 グリップエンドも短く邪魔にならず非常に扱いやすい。 

ここの長さはリール装着時のロッドバランスに関係して来ますので以外に重要ポイントとなります。

f:id:yggxq957:20190912195902j:plain

 軽量チタンガイドです。

このガイド素材はロッドの軽量化に非常に重要となって来ます。

ガイド数は8個となっております。 

f:id:yggxq957:20190912195803j:plain

 こちらがティップのガイト。 

f:id:yggxq957:20190912195942j:plain

 私が一番にビックリしたのがこのティップの曲がり。

このロッドはチューブラーにソリッドを継ぎ足している構造となってます。

ガイドの上から3つ目から下がチューブラーで上がソリッドとなってますが、あからさまにロッドの太さが違いますね。

先端のソリッドだけが曲がる構造です。

チューブラー特有の金属的なアタリを残しつつ柔らかいティップで乗せると言う乗せ掛け調子のティップとなっておりますね。

それ故に豆アジなとのバイトが繊細な小さい魚を掛けやすいロッドとなってます。

やはりここがこのロッドの肝なんじゃないでしょうか。

 

 

【実釣】 

使ったアイテムは1gのジグヘッド。

アクションを入れるとしっかりとジグヘッドの重みが感じられます。

豆アジのバイトもコツッコツッと言う金属的な響きが手元まで伝わって来ますね。

これはチューブラーティップ特有の感触ですがティップがしっかりとアンテナの様に反応しているのも目視出来ます。

これはソリッドティップ特有のアタリです。

豆アジの繊細なアタリを弾く事無くしっかりと食い込んでくれるので非常に合わせ易い。

まさにチューブラーとソリッドの融合ロッドと言う感じで良い何処取り。

f:id:yggxq957:20190908110942j:plain

速攻で豆アジの釣果。

6.92ftのチューブラーでやった時は苦戦しましたが今回は難なく掛ける事が出来ました。

このロッドは5.87ftですが約1ft違うだけでこんなにやり易くなるのかと驚きました。

この使い易さと言うのはロッドの全長もありますが、やはりチューブラーとソリッドの融合ロッドの賜物ではないでしょうか。

初心者にも非常に扱い易いロッドとなってますね。

まとめ

アジングロッドと言うのは各メーカーから様々なロッドが出ております。

只、アジングロッドだからと言ってどのアジでも対応出来る訳じゃありません。

その個体のサイズに合ったロッド選びと言うのは大変に重要となります。

その中で5ft前後ロッドと言うのは全国的に見てとても限定的な使用となりますのでどうしても種類の幅が無くなります。

地域にあるマイナーメーカーと言ったら失礼になりますがライトゲームメーカーなどで探すと良さげなロッドは多数出て来ますがやはり価格的に高いロッドが多いですね。

その点、このロッドはメジャーメーカーで価格も安い訳ではないですが高い訳ではない。

中級ロッドに属するロッドとなり定価は結構なお値段しますがネットではかなり割引してくれてますので何とか手が届く範囲かと思います。

 

 

 

 

こんな記事も読まれてます

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net