神戸~明石のファミリーフィッシング奮闘記

神戸明石の釣り情報。基本はお財布に優しいファミリーフィシング。初心者に優しい釣りネタを公開しています。家族で楽しむファミリーフィシングに活用して下さい。

メバリング再始動でメバル25㎝と17㎝

f:id:yggxq957:20190309010254j:plain

やっと夜の気温も『極寒』から『寒い』までに和らいで来ましたのでお久し振りにメバリングに出撃する事に。

前回が12月だったので実に3ヶ月振りとなります。

翌々考えたら年始に苦労して手に入れたイージスオーシャンをまだ一度も着てないんです。

新しく購入したランディングネットの鱗付けもまだ。

そろそろ行かないとダメだよねぇ。

嫁様からもせっつかれてるしね・・・。

最近の釣果情報では相変わらず渋いとの事。

今年も3年連続でイカナゴが不漁らしいのでやはりベイトとなる魚が居ないと厳しくはなりますよね。

行くからには何とか頑張ってみましょう。

 

19時半着

f:id:yggxq957:20190309005747j:plain

ポイントには珍しく殆どアングラーが居ない。

やはり渋さを物語っているのだろうか・・・。(; ̄ー ̄A

ポイントは選び放題でエントリー。

大潮で満潮20時36分予報。

いい感じかも。

タックルはこちら。

f:id:yggxq957:20190309005841j:plain

レベロク マメアジヘッド1g#14

TWO BY TWO(つうばいつう)レベロク・マメアジヘッド #14-1.0g

TWO BY TWO(つうばいつう)レベロク・マメアジヘッド #14-1.0g

 

TWO BY TWO 漁港ワーム神バナナ

TWO BY TWO(つうばいつう)漁港ワーム #7.神バナナ

TWO BY TWO(つうばいつう)漁港ワーム #7.神バナナ

 

これでスタート。

先ずは表層から探って行きましょう。

キャストしてゆっくりとスローリトリーブ。

数回繰り返すもメバルからの返信無し。

次はカウント5で中層付近をスローリトリーブで探ってみる。

2回目のキャストでクッとティップが入る。

ピッシっとティップを跳ね上げてフッキング。

思ったよりも軽い感じ。

予想外の早くのアタリにちょっと油断してた。

久し振りのメバルの心地よい引きを楽しみながらゆっくりと巻いて来る。

f:id:yggxq957:20190309011221j:plain

17㎝のメバル

キレイなひし形体形である。(^_^)

これ位のサイズならランディングネットを使うまでも無く鱗付けはお預け。

その後にパッタリと返信が途切れる。

少し攻め方を変えてみようと時折ワインドを入れてみて様子を見るも異常なし・・・。

ならば少し深めを探ってみよう。

カウント7。

ゆっくりとリトリーブしながら手元に集中する。

ガツッ‼

ティップの急なしなり。

瞬時にティップを跳ね上げる。

良い感じの引きである。

ここでメバルの抵抗。

ティップが更に曲がる。

どうやら根に逃げ込む様子。

負けじとティップを上げるもフッと軽くなる。

・・・バラしたか・・・。(T_T)

ここで一息入れようとテトラを登りクーラーBOXの元へ。

f:id:yggxq957:20190309013132j:plain

・・・。

また君か。(^_^;)

ここのポイントには数匹の猫がいるのだが一部のアングラーが魚を与えるのでこの様に傍らでおこぼれを待っているのであるが最悪はバケツに入れてる魚を略奪して行く。

戻って来て良かったわ。💧

バケツに入れてたメバルをクーラーBOXの中へ入れる事に。

落ち着いてゲームが出来んわ。

蓋つきバッカンでも購入した方がいいな・・・。

 

気を取り直して先程バラしたポイントを再度攻めてみるか。

キャストしたカウント7でスローリトリーブ。

数回繰り返すも返信無し。

そんなに甘くは無いのは分かっている。

しかし狙いは中層の下。

ボトムの少し上辺り。

ここがポイントになりそうな予感。

しつこく攻めてみる。

ここでククッとティップが曲がる。

待ってましたとティップを跳ね上げる。

今度は潜る隙を与えない様に一気に表層まで巻き上げ。

中々の重さがある。

海面に上げて空気を吸わせた後は重さと最後の無駄な抵抗の引きを味わいながら足下まで巻いて来る。

ここでランディングネットを腰から抜き出して準備OK。

一気に抜き上げてネットイン。

f:id:yggxq957:20190309015256j:plain

無事にランディングネットの鱗付け完了。

やはりテトラでのゲームではランディングネットがあると非常に便利である。

どんなにメバルが大きくても安心してゆっくりとテトラを登る事が出来る。 

f:id:yggxq957:20190309015853j:plain

25㎝のメバル

このサイズになると結構な重量となる。

この勢いで量産したい所。

この辺りから波が少し荒くなって来た。

キャストしてカウント7からのリトリーブ。

しかし潮の流れに一気に流される。

沈みテトラに引っ掛かりラインブレイク

幸いにもスナップから切れてたので結び直して短時間で復活。

再度同じポイントを狙う。

しかしまたもや沈みテトラに引っ掛かりライングレイク

今度はPEラインから切れて居る為にリーダー結束から。

しかし寒さで手がかじかんで中々に思う様に結べない。(T_T)

やっと結び終わり締め込みでブッツ‼・・・💧

気を取り直して再度締め込みでブッツ‼・・・💧

三度目の正直でブッツ‼・・・💧

ここで心が折れて時間を見たら11時過ぎ。

終了としました。

f:id:yggxq957:20190309150258j:plain

f:id:yggxq957:20190309171226j:plain

 キレイな身ですね。

25㎝のサイズだと結構な量が取れます。

f:id:yggxq957:20190309171250j:plain

肝刺しと皮は湯引きです。

25㎝以上のサイズのメバルの皮はとても弾力が有りプルプルのコラーゲン質です。

これがまた美味。 

まとめ  

久し振りにメバって久し振りに25㎝が掛かってくれました。

渋い中で2匹だけでしたが良しとしましょう。

日中は暖かくなってはいるが流石に夜となるとまだまだ冷え込みますね。

しっかりと防寒をして行かないといけません。 

これから5月頃までちょくちょくとメバってみましょうか。

 

 

本日のタックル

●ロッド

 

ダイワ 月下美人 79UL-T

●リール

ダイワ レブロス 2004

●ライン

よつあみ(YGK) PEライン Gソウル X4 アップグレード 150m 0.3号 6lb 4本 グリーン

●リーダー

ラパラ(Rapala) ショックリーダー ラピノヴァ フロロカーボン 30m 1.0号 4lb クリア

●ジグヘッド

TWO BY TWOレベロク・マメアジヘッド1g#14

●ワーム

TWO BY TWO 漁港ワーム 神バナナ

●スナップ

TICT(ティクト) ラクリップ ノーマル

 

※クリックで詳細確認が出来ます 

  釣果

メバル×2匹

 日時

2019年3月8日(金)

19時40分~23時

天気

晴れ

大潮 

f:id:yggxq957:20190309151322p:plain

 

 

スポンサードリンク
 

 

こんな記事も読まれてます  

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net