神戸~明石のファミリーフィッシング奮闘記

神戸明石の釣り情報。基本はお財布に優しいファミリーフィシング。初心者に優しい釣りネタを公開しています。家族で楽しむファミリーフィシングに活用して下さい。

【フロートリグ Fシステム】シャローフリーク・プチ で簡単アジング・メバリング

f:id:yggxq957:20190222191600j:plain

軽量ジグヘッドで距離を稼ぎピンポイントに攻める為の便利なアイテムがあります。

それは『シャローフリーク』と言う物です。

これはFシステムと言う結び方で飛ばしウキになります。

過去記事でもご紹介したアイテムです。

www.kobeakashi.net

ここで改めておさらいをしておきましょう。

 

フロートリグとは

簡単に言えば軽量ジグヘッドを遠くに飛ばす為のアイテム。

餌釣りで例えると『飛ばしウキ』と思って頂ければ分かり易いかと思います。

そのライトゲーム版と言った感じです。

フロートリグの種類

フロートはにはメインラインに固定する『固定式』と固定しない『遊動式(中通し)』があります。

餌釣りでは後者の『遊動式』がメジャーですね。

《固定式》

ウキ下の長さを変える事で一定したタナを狙う事が出来ますがその都度変える必要が出て来ます。

《遊動式》

ウキの中をラインが通っているのでフォールさせる時間によりタナを変える事が出来ます。

選んだのは固定式

私が使うのはメバリング時です。

1g以下の軽いジグヘッドを使用します。

遊動式での私の不安として、軽いジグヘッドが自重でちゃんと極細ラインを引っ張って落ちて行ってくれるのか。

水滴がラインに着いてフロートの中通しに付着して動かなくなるんじゃないかと言う不安がありジグヘッドの正確な位置がイメージし辛いのじゃないかと。

その点、固定式はウキ下が決まってますので非常にイメージし易い。

固定式の中でも

ラインに挟み込んで使用する物が殆どがですが、感度が鈍ると言う話もあり選んだのはシャローフリークを使った『Fシステム』と言う物。

f:id:yggxq957:20190222193637j:plain

Fシステムとは

アルカジックジャパン ブランドビルダーの藤原真一郎さんが考え出したもので 、PEとリーダーの結束時にエダスを作り、そのエダスに『Fシステム』専用のフロートを取り付けるだけと言うもの。

f:id:yggxq957:20190222193357j:plain

出典:アルカジックジャパン シャローフリーク

このシステムはPEと軽量ジグヘッドが途中の障害物も無く一直線になり通常のアクションも出来てアタリもハッキリとわかるとの事。

要はフロートを着けてない状態のアクションもアタリも同じと言う事です。

これ程良いものは無いんじゃないでしょうか。

シャローフリークのメリットとデメリット

軽量ジグヘッドを使ったゲームがかなりやり易い。

特に風が強いと軽量ジグヘッドのゲームには致命的となりますが全く大丈夫。

軽量ジグヘッドが苦手な人でも手軽にアジング・メバリングが出来てしまいます。

初心者の方や非力な女性でも簡単にアジやメバルが狙えるので私的にはとてもお勧めするアイテムです。

しかしデメリットも当然にあります。

重量が7.5g・10.5g・15gと三種類ありのですが軽量ジグヘッドに比べてかなりの重さになります。

当然にキャストするとシャローフリークが当然に先行して飛んで行き引っ張られる様に軽量ジグヘッドが飛んで行く訳ですがキャストの仕方によりショックリーダーが絡んでしまう事もしばしばあります。

そして何よりメバリングロッドでは重量の関係でかなり使い辛くアジングロッドの使用となります。

更にラインブレイクした時にもう一度Fシステムの組み直しとラインとの結束もしなければならず極寒の真冬で手がかじかんでなかなか組めない。

 

シャローフリーク・プチ 

この様なストレスをある程度解消してくれるアイテムが出ました。

f:id:yggxq957:20190222192252j:plain

その名も『シャローフリーク・プチ』と言う物。f:id:yggxq957:20190221191301j:plain

f:id:yggxq957:20190221192031j:plain

出典:アルカジックジャパン シャローフリーク・プチ

このシャローフリーク・プチの自重は約3gとなってますが私のメバリングの経験でこの重さはライトワインドで使っております。

風が強い時や潮の流れが早い時などに使うのですが沈殿スピードが早くなりますのでメバルが浮いている時や活性は低い時などは非常に厳しくなります。

このアイテムはそんな3gの良い所を活かしつつ軽量ジグヘッドでのゲームが可能となる大変に便利な物。

f:id:yggxq957:20190221192735j:plain

出典:アルカジックジャパン シャローフリーク・プチ

小難しい結び方なんて必要ありません。

ショックリーダーに引っ掛けるだけで出来上がり。

今まではゲーム中にFシステムから単体ジグヘッドに変える場合はタックル変更をしなければならなかったがシャローフリーク・プチではそんな必要がなくなりとても便利。

f:id:yggxq957:20190221193233j:plain

出典:アルカジックジャパン シャローフリーク・プチ

全体像はこの様な感じでシャローフリークの時の枝スが針金になります。

これによりリーダー同士の絡みも軽減されるのではないでしょうか。

f:id:yggxq957:20190222192433j:plain

大きさは手のひらに乗せるとこんか感じです。

3.3gですので非常に小さいですね。

f:id:yggxq957:20190222192604j:plain

シャローフリーク7.5gと比べるとこれ位違いますが残浮力は同じ0.3gなんです。

 更に凄いポイント

何とケミホタルが装着可能なんです。

f:id:yggxq957:20190221195909j:plain

出典:アルカジックジャパン シャローフリーク・プチ

これは凄い進化ですよ。

痒い所に手が届いたと言う感じでしょうか。

シャローフリークは自家発光してくれるのだが波にのまれると見失いがちでしたがケミホタルが付けばかなり見易くなりますね。

ちなみに単体でもちゃんと自家発光します。

f:id:yggxq957:20190222192035j:plain

恐らく自家発光してもサイズが小さいので見失なわない様にとの処置なんでしょうかね。

ここは流石にシャローフリークと言った所でしょうか。

使用ロッド

今までの私の使用ロッドでご説明します。

《軽量ジグヘッド単体での使用時》

ダイワ 月下美人79UL‐T

《シャローフリーク7.5g使用時》

メジャークラフト 三代目クロステージ CRX-T692AJI

と使い分けをしておりました。

これはロッドのルアーウエイトMAXの違いの為。

ダイワ 月下美人79UL‐TではルアーウエイトMAXが5gの為にシャローフリークの一番軽い7.5gでも使えないんです。

それがこのシャローフリーク・プチではダイワ 月下美人79UL‐Tが使えてしまうんですね。

単体ジグヘッドでゲームをしていてちょっと沖目を狙いたいなと思ったらリーダーにチョンと引っ掛けるだけで使用可能。

単体へのタックル変更の煩わしさも無くなります。 

操作方法 

【シャローフリーク・プチ】の開発者である藤原真一郎が、ライトゲーム用新型フロート【シャローフリーク・プチ】のコンセプト・構造・使用方法を、実釣を交え解説してます。  


【アジング】シャローフリーク・プチ 徹底解説【メバリング】

まとめ

名前がシャローフリーク『プチ』となっておりますが決してシャローフリークの改良版では無く使用用途が全くの別物です。

重さが3.3gしかありませんからシャローフリークみたいなぶっ飛び飛距離は出ないのでお間違い無く。

軽量ジグヘッド(~0.3g)を使い易くするアイテムですので風が強い時や軽量ジグヘッドでは届かない少し沖目を狙いたい時などに活躍してくれます。

アジング・メバリング初心者の方や軽量ジグヘッドを苦手としている方には是非に使て頂きたいアイテムです。

 

 

スポンサードリンク
 

 

こんな記事も読まれてます  

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net