神戸~明石のファミリーフィッシング奮闘記

神戸明石の釣り情報。基本はお財布に優しいファミリーフィシング。初心者に優しい釣りネタを公開しています。家族で楽しむファミリーフィシングに活用して下さい。

初めての強風の中で頑張ってみたが・・・

スポンサードリンク

先週にライトワインド初挑戦にして念願のメバル3匹の釣果を上げ気分ノリノリの私。

しかし、メバリングはそんな簡単なものではないと思います。

なので、先週の釣果はビギナーズラックだと謙虚に思っている次第です。

今回はこの釣果を確たる物にする為にライトワインドにてメバリングに改めて挑戦して来ました。

出発前に結構な風が吹いていましたので、不安になりながら何とか時間と共に止んでくれればいいなとポイントに向かう。

 18時45分到着

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・💧

強風です・・・。

止む気配なし。しかも陸より風が強い。

海面を見るも風によりかなりの荒れ模様。

しかも川のような激流。

足下にかなりの泡立ち。

・・・どうする?やる?(ー_ー;)

画像を撮るのも忘れて只々呆然。

 

ここで2週間前に知り合った顔見知りを見付けて声を掛けると、『風が強すぎるし流れが速過ぎる』との事。

だよね・・・。

せっかく来たし取り敢えず・・・やってみるか・・・。

薄暗くなって来たので急いでセッティング。

 

19時エントリー

今回は100均で老眼鏡を購入したのでライン通しもスナップ結びもスムーズに終了(^^)

薄明るいからまずはサンセットオレンジで。

キャストするも風で戻されて全く飛距離が出ず。

強風にあおられてラインが更ける。

更に激流の為に1.5gのジグヘッドがボトムに着く所か真横に流されて延々とラインが出て行く始末。

ボトムが取れないじゃんっ‼

何とか3回目のキャストでクッというバイト。

上げてみると

f:id:yggxq957:20170422223817j:plain

チビガッジーでした。速攻リリース。

取り敢えずボーズ逃れで一安心。

 

その後、ライントラブル。

強風の為にキャストと同時にラインが更けてロッドに絡まり訳分かんなくなってる・・・。(T_T)

暗い中ヘッドライトを当てながら何とか解いて改めてキャストするもボトムが取れず延々と真横に流され根掛ロスト。

・・・おいおい、どーしたらいい?(ー_ー;)

何とか100均の老眼鏡をかけてセッティングし直し。

やはり良く見える。楽です。

ワームもケイムラ・ブルーファントムに変えて気を取り直してキャスティングするもまたもや連続根掛ロスト。( ̄□ ̄;)!!

どーも暗くて良く見えないが雰囲気的に風であおられ手前に落ちて更に真横に流される事により、手前に沈められてるブロックの上でジグヘッドを流してる感じ。

いつもは当然ブロックを通りこして奥にキャスト出来るのが今回は全く出来ない。

流せば浅瀬のブロックに引っ掛かり。

微かに見える穂先を見るとラインが直角に左方向へ行ってるのが見える・・・。

そりゃ根掛りするわなぁ・・・。

しかも今日は16時15分を満潮に22時35分まで下げ潮。

これから更に浅くなって行くのかよ。こりゃ根掛が延々と続くわ・・・。(・・;)

 

顔見知りに声を掛ける。

フロート使ってるから何とか距離はでるけどボトムは怖くて取れないわぁ

なるほど、強風の時にもフロートって活躍するのね。

勉強になりました。

 

気象庁によりますと

神戸19時時点で風速5.7m/s

この風速5.7m/sとはどの位かと申しますと

陸上では

砂埃がたち、紙片が舞い上がる。小枝が動く

海上では

波の小さいもので長くなる。白波がかなり多くなる

 だそうです。

 

その後、何とか粘るもライントラブル連発。

根掛ロスト2回と散々な状況。

しかも久しぶりに寒い💦

鼻水も出てます・・・。

顔見知りもバイトあるのはチビガッシーばかりとの事。

なので今日は思い切って撤収する事に。

8時半納竿。

 

この調子で行けばジグヘッドとワームがいくらあっても足りんわ。

ジグヘッドワームスナップ、1時間半で4つロストですからね。

1時間半といってもライントラブルとセッティングし直し時間を引くと実際の釣行時間は恐らく1時間も無いです。

このまま続けたらどれだけ無くなるんだよっ‼って感じでした。

 

今回は何とかガッシーのお蔭でボーズを逃れましたがストレスの溜まる釣行でした。

又、強風の中でのルアー釣りの難しさを実感しました。

やはり風がある日は避けた方がいいのかな。

次回、改めて頑張りたいと思います。

メバルのシーズンは5月下旬までと言われておりますので、それまでの間、楽しませて貰いたいと思います。

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれてます 

www.kobeakashi.net 

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net 

www.kobeakashi.net

www.kobeakashi.net